藤花幻:SUMMER VACATION

好きな歌をば

SUMMER VACATION

 ←みずうみ →11 グレン哀愁
 さて、真冬にサマーバケーションとはなんと時季外れ。しかし大滝詠一さんから繋がる避暑地のオフの歌三連発なんだからしょうがない。だいたい、大滝さんが秋の避暑地なんて歌うからぁ・・・。まあ、歌の中身も時季外れ。避暑地の癖に、しかも夏と謳っている癖に、時は秋のシーズンオフ。
 そもそも夏! 夏! 夏! みたいな歌だったらここには取り上げられない訳で、しょうがない。いや、そういうのも嫌いな訳じゃないんだが、哀愁溢れるオフの避暑地が選ばれるのは感情移入という意味でこれ宿命。
 ちなみに避暑地にテニスコートは必須ですね。昔はこれに憧れました。場所は勿論旧軽井沢。長い髪の女性と白いウェアとカラマツ林と木漏れ日。「岡、エースを狙え!」ヒットする訳です。


SUMMER VACATION   歌 村田和人 竹内マリヤ 作詞 安藤芳彦

削除(笑

 都会からの行楽客で賑わった林間のホテル。テラスの白い椅子はテーブルの上に逆さに乗せられ、隅にはカラマツの葉が積もっている。店の人は居るには居るが、大した料理も出せないだろう。夏は過ぎた。
 青年は思いを馳せる。白い帽子の女性の微笑み。
 テニスコートの出合いだなんて、また随分べたな話だと二人して笑いあったひと時。あまりリアリティが無くてその時はよく判らなかったけど、それは一生の恋だったのかもしれない。何処に住んで、何をしているのだろう。名前以外何も知らない。でも、このまま終わらせてしまうのは、あまりに寂しすぎる。想いばかりが募って、居てもたってもいられず、判っていながら尋ねたホテルに彼女の姿は無い。
 覚えてる?
 想い出はまるで幻だったかの様。
 忘れてない?
 忘れられるはずは無い。だが夏は過ぎた。
 ホテルは片付けを終えて、青年を最後に扉を閉めた。
 あの夏は過ぎた。
関連記事
スポンサーサイト


総もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png え゛
もくじ  3kaku_s_L.png 好きな歌をば
もくじ  3kaku_s_L.png 下手な詩をば
もくじ  3kaku_s_L.png 好きな絵をば
総もくじ  3kaku_s_L.png 管理人の独り言
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【みずうみ】へ
  • 【11 グレン哀愁】へ

~ Comment ~

季節外れの歌だけど・・。

避暑地での恋っていいですね。出会いと言うのはどこで起こるかわからないけど、こういった落ち着いた場所での出会いっていいですね。

夏と言えばチューブを思い出しますけど、ここ何年かは名前を聞きませんね。

その季節の歌ってよく聞くけど、印象に残るのは夏の歌が多いかと思われます。でもこの歌はわかりません(汗)。

この記事に関係ないけど、大迫が独二部に移籍しましたね。鹿島だから気になっていると思ったので。
そのニュース聞いた時、miss.keyさん。何を思ってるのか?気になりました。
私は今の時期に海外移籍はどうかな?って思うんですね。たとえ二部であったとしても。

想馬涼成様へ

 こんにちは。コメントありがとうございます。
 知らなくても不思議じゃありません。だいぶ昔の歌ですからねぇ。
 基本、私の好きな歌は昔の曲です。若しくは昔から活動をしているミュージシャン(個人的にアーティストという呼び方は嫌いです(笑い))の歌です。年齢を反映しています。しかもあまりメジャーな曲でもないと思います。あまり巷に溢れすぎると聞きたくなくなります。へそ曲がりです、はい。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【みずうみ】へ
  • 【11 グレン哀愁】へ