藤花幻:つちのこつまりこんな感じ

え゛

つちのこつまりこんな感じ

 ←終焉 →つちのこ秋の気配はすぐそこに
428つちのこつまりこんな感じ1
428つちのこつまりこんな感じ2
428つちのこつまりこんな感じ3
428つちのこつまりこんな感じ4
 つまり、こんな感じ(笑
関連記事
スポンサーサイト


総もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png え゛
もくじ  3kaku_s_L.png 好きな歌をば
もくじ  3kaku_s_L.png 下手な詩をば
もくじ  3kaku_s_L.png 好きな絵をば
総もくじ  3kaku_s_L.png 管理人の独り言
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【終焉】へ
  • 【つちのこ秋の気配はすぐそこに】へ

~ Comment ~

NoTitle

眼前に悪い竜のお家がある。
決着の時は近付いていた。
眼前に一人弓を絞る戦士に次の矢は無く、我に躱(かわ)す余力は無い。
邪なる竜は我の魂に頚木(くびき)をつけた。退く事は許されぬ。
我は此の谷に縛られ、足を踏み入れる者総てを排除している。
谷に風が吹き、岩が鳴った。
時が来た様だ。生きる者よ、命の遣り取りを楽しもう。
矢が放たれ、風を切って羽が鳴る。
死線が交差する。
槍は届かず、矢の行方は知らぬ。
しかし届かせても叩いても、ろくすっぽ痛くも無く、さらさらも痒くも無い情けなさ。
周囲に居るは、己の力量も名誉も恥も知らぬ野次馬人ばかり。
アイスクリンに三色団子に氷イチゴにおでんを手に、虚ろな目で戦いの行方を見守っている。
見るもの聞くものに責任を持たぬ者よ。生者の智に酔うがいい。
唯薄れ行く意識が悪夢の終わりを告げていた。
ああ、何と言う心地か。
深淵が口を開けて我を招くごっこ。
つまり、こんな感じなのだ。

吸盤矢バーソSUピコピコハンマー様へ

 こんにちは。コメントありがとうございます。
 なんでも吸盤矢とピコピコハンマーのどちらが強いかで口論となり、アイスクリン最強派とおでん最高派と団子至高派にかき氷一択派まで巻き込んでの大決戦になったそうな。で、どっちが勝ったかと申しますと・・・うーむ、わからん。実際、勝ったのは興行元の悪い竜さんかもしれません。

おはようございます

左のツチノコ君が「我」で右が欲深き領主が遣わした侵略ツチノコ君
ですか。
で、たくさんのツチノコ君が虚ろな目で戦いの行方を見守っていると。
う~ん、すっかり緊張感がなくなってる。
アイスなんかを食べてるもんね。(笑)
おお、旭日旗を持ってるツチノコ君も! いいなあ。

エリアンダー様へ

 こんにちは。コメントありがとうございます。
 どんなシリアスな物語でも、出演がつちのこでは即コメディになってしまいます。ぶち壊し間違いなしですわ。観客の目は虚ろと言うよりぼぉぉぉぉーっとしてる感じ?アイスにおでんに三色団子。あ、ポップコーンを忘れてました。これはわたくしとした事がとんだ大失敗。え゛、何時もの事?・・・あ、そう。

ご無沙汰しておりました。

はい、聞かれてはいませんが、私は元気です。

本作は、一般的な少年漫画のオマージュでしょうか?
敵を倒そうと、道を進む間に、妨害が入って、激しく戦い、
そのうちに何となく仲間になってる・・みたいな?
つちのこの仲間は、このあと何人ぐらい集まるのでしょうか?
乞う、ご期待。

梨来みんの助様へ

 こんにちは。コメントありがとうございます。
 お元気でございましたでしょうか。あ、元気でしたか、何より何より。夏が過ぎ去ろうとしています。ってか、はよ居ね。今日も暑さ爆発。管理人は冷房の効いた部屋から一歩も出られません。で、何をしているかと申しますと、・・・昼寝。貴重な休日をそれで良いのか。いーんです。その為の休日です。あ゛ー暑・・・。
 さて、一般的な少年漫画と言うとあれですかね、次々と強敵と戦い、勝つ度に仲間になりたがるツワモノ達を引き連れ、物語が進むに従いインフレーションしていくって言う。うーん、まあ、よくあるパターンと言うか、何にも考えんで良いから楽かも知らんと言うか、少年漫画の王道なのかも知らんけどね。ドラゴンボールの罪は重いのぅ。
 本作は、当ブログの前記事のパロディであり、前記事は、RPGに於ける一場面をわたくしならこう書くでー言うて書いたショートショートであります。これ以上の広がりはありませんのんやわぁ。お暇でしたら覗いてみてくださいましまし。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【終焉】へ
  • 【つちのこ秋の気配はすぐそこに】へ