藤花幻:つちのこ生卵は成長する

え゛

つちのこ生卵は成長する

 ←つちのこ春遠からじ →満つる月
405つちのこ生卵は成長する1
405つちのこ生卵は成長する2
405つちのこ生卵は成長する3
405つちのこ生卵は成長する4
 だから、直ぐそっちに走るの止めなはれ・・・
 元ネタは『生野菜は成長する【車道をだちょこで暴走する(マテ)】』より無断拝借させて頂きました(笑


405つちのこ生卵は成長する5
 こっちに走ってみました
 
関連記事
スポンサーサイト


総もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png え゛
もくじ  3kaku_s_L.png 好きな歌をば
もくじ  3kaku_s_L.png 下手な詩をば
もくじ  3kaku_s_L.png 好きな絵をば
総もくじ  3kaku_s_L.png 管理人の独り言
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【つちのこ春遠からじ】へ
  • 【満つる月】へ

~ Comment ~

NoTitle

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒b--n.net
でブログをやっているさくらといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^

さくら様へ

 こんにちは。ご訪問ありがとうございます。
 しかし当方は当ブログに興味の無い方のコメントは歓迎しておりません。あしからず。

こんにちは

お、つちのこさんもダチョウを飼育することに‼️ワタシの「だちょこ(メス)」、「だちょみ(メス)」とお見合いして「しぞーかだちょうらんど」を目指しましょう。打倒、でずにいらんどです(笑)

NoTitle

あはは、そっちに走りましたが。このところ読者に意外なと思わせる方面に走ってますね。

ジョークの一つの手法「意外性」。これはいつも作りたしと思えど、なかなか叶わぬものです。
想像していたのと、もしく予期していたのと、あるいは常識と違う結末に突然話が転向すると、
おかしみや笑いが生じます。それは「緊張の緩和」というものと同じものなんでしょう。
話の延長線上にある考えオチもいいですが、全然無意味なトボけた結末も面白いものです。

泉重千代さんが長寿世界一になったとき、インタビューで「好みの女性は?」
と聞かれたら、たったひと言だけ言いました。
 「年上の女」

私が、もし長寿インタビューで「好みの女性は?」と聞かれたら、こう答えます。
 「孫のような女」

私的には“意外性”なんですが、聞いた人は、やっぱりか、いやらしいと苦笑しそうです。(笑)

手話ができるココという名のゴリラは冗談を言うそうですね。
http://gorilla-go-rock.seesaa.net/article/379825731.html

kyoro様へ

 こんにちは。コメントありがとうございます。
 ダチョ雄、ダチョ子にダチョ実でございましょうか。なんか脱腸みたいで・・・あ、失礼。
 それはともかく、静岡県は雄大な富士山の裾野で元気に走り回るだちょう。大量に繁殖させてバーベキューを食べられるだちょうらんどって良いですな。ライバルはねずみぃらんどですか。だちょう食べたいって人は此処にも一人居ますが、ねずみを食べたい人はあんまり居なさそう。よって静岡だちょうらんどの勝ちと致します。オメデトウ!

冗談バーソ漫談様へ

 こんにちは。コメントありがとうございます。
 おや、以外でしたか。鳥を見ればローストチキン、豚を見ればローストポーク、牛を見ればローストビーフ、クジラを見ればローストホエール。常識(当社内)です。しかし高価な料理ゆえ食べるには勇気が要ります。代償がロースト予算。そして暫くはローストニボシの食事とあいなりまする。ああ、せめて鯖缶位食べたい。
 好みの女性と言いますと、二十代前半までは二つ年上の女性でした。が、それを越えると同い年、三十過ぎたら俄然歳下。今ではロリコンといわれようが女子高生(マテ、犯罪はいけません・・・冗談は兎も角、繁殖という基準で言えばやはり女性は二十代が理想でありましょう。これは生物としての人間の特性上しょーがない。ま、飽くまで理想ですので、具体例が居れば三十だろうが四十だろうが好きなもんは好きになるのでありましょう。相手が好きになってくれるかどうかは置いといて・・・。
 

NoTitle

どうして、ダチョウ肉を食べたいというブロガーの願いをかなえることもできぬほど、茨城県は横をつなげる高速道路なり鉄道なりがこうも不足しているのだろうか……と思わざるを得ない若き吉宗であった。

^^

牛・🐽・鶏・カンガルー・ワニ・・・ダチョウ俱楽部じゃなかったダチョウも食えるオーストラリア。ユーカリの葉が少なくなっているから。コアラも適当に間引きしてるんだよね。どうやって間引きするのかしら。クソ白人種さえ入らなければ・・・あ・China人が食うかw^^)/

NoTitle

ツチノコ君の妄想は食べることじゃなかったんだ。
カッコいいツチノコ君初めてみました。
アラビアのロレンスですな。
パソコン壊れて入院中です。ipadではあまり書けません。
修理費なんと7万円です。3年保証がきくのははハード機器のみ
だって。

ポール・ブリッツ様へ

 こんにちは。コメントありがとうございます。
 ダチョウ肉食べてみたくはありますが、しかし余りにお高い値段設定には辟易であります。100gで1,050円て何やねん。ボッタクリもええ加減にせえへんと総スカン食らうど。ダチョウなら野趣溢れる硬い肉を安価でがっつり食わせんかい。ま、まだ霜降り汚染されてないから救いようが無い訳では無いか知らんけど。
 全然関係ない話ですけど、わたしゃ高級霜降り肉が大嫌いであります。肉なんて高級じゃなくて良いんですよ。筋の一杯入った赤身をよーく煮込んでごらんなさい。筋が解けて柔らかくなって至福の味になりますぜ。霜降り牛なんて煮込んだら崩れてデロデロで脂ギトギトでとても食えたもんじゃありません。ありゃダメだ。
 昨年、木曽路で忘年会をしました。霜降り牛をおいしいーーーーーっっ!て騒いでたおねーちゃん達、二枚も食ったらそこから箸がぴたりと止まって、誰も手をつけない高級和牛は脂がデロンデロンに溶け出して見るも無残な姿を晒して居たそうな。一方で、私が頼んだ一番安い赤身は激しい争奪戦の後一枚も残らなかったげな。ちなみに俺まだ食ってねーんだけど・・・。

waravino様へ

 こんにちは。コメントありがとうございます。
 オーストラリアですとダチョウじゃなくてエミュでやんしょ。あれも股焼きなんぞしたら食べでが有りそうですな。炭火で焙ってナイフでこそげ取って岩塩と荒引き胡椒をまぶしてがっつりと。美味そう。
 わたくしの父親は猟銃を持っていたので結構野生の鳩とか鴨とか雉とか兎とか取ってきて食わせてくれたもんです。もうね、肉質がまるで違うんです。締まってて味が濃い。あれ食ったらブロイラーの鶏なんかもう肉じゃない。美味かったなぁぁぁぁ(恍惚
 中国人に肉食教えた馬鹿は誰だ。あいつ等が肉食ったら世界中の動物が一匹残らず居なくなっちまうじゃねーか(問題発言)。が、しかし、中国からの出稼ぎ労働者が住み着いた街からは、犬が消え猫が消え、池や水路からは魚が消え、下水からはネズミが消え、藪からは蛇が消え、公園からは鳥が消え・・・まぢな話だから怖い。
 

エリアンダー様へ

 こんにちは。コメントありがとうございます。
 残念、妄想ではありません。生きる事は食べる事です。それが明日の君になる♪
 生きる為に食べるのか、食べる為に生きるのか、うーん。ちなみに仕事は生きる為にするものであって、仕事をする為に生きる奴は阿呆です。嘗ての私がそうでした。苦労して自分台無しにして仕事をする為に生きて何も残らない。ほんとくだらない日々でしたわぁ。よってそんな仕事とっとと辞めてやったぜぃ(笑。しかし食べる事となると・・・生きる為に食べるなんてつまらんわ。食べる為に生きたいねぇ。
 あららパソコン壊れてしまいましたか。そういう時にはいた〇るといいそうです。やっぱり電化製品も拗ねてる時には制裁が必要なんですねぇ。調子悪い時には叩けば案外素直になるんでしょう(てけとー)。え゛、いたわれ?いたぶるんと違うの?
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【つちのこ春遠からじ】へ
  • 【満つる月】へ