藤花幻:つちのこ鬼退治・・・の筈が

え゛

つちのこ鬼退治・・・の筈が

 ←つちのこ出汁のお風呂で妄想する →つちのこ大雪で交通は麻痺、仕事は中断、スケジュールはめちゃくちゃ、駐車場は凸凹アイスバーン(題名と中身に一切関係はございません)
402つちのこ鬼退治1
402つちのこ鬼退治2
402つちのこ鬼退治3
402つちのこ鬼退治4
 結局じゃらされて終わり
関連記事
スポンサーサイト


総もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png え゛
もくじ  3kaku_s_L.png 好きな歌をば
もくじ  3kaku_s_L.png 下手な詩をば
もくじ  3kaku_s_L.png 好きな絵をば
総もくじ  3kaku_s_L.png 管理人の独り言
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【つちのこ出汁のお風呂で妄想する】へ
  • 【つちのこ大雪で交通は麻痺、仕事は中断、スケジュールはめちゃくちゃ、駐車場は凸凹アイスバーン(題名と中身に一切関係はございません)】へ

~ Comment ~

NoTitle

そうそう、桃太郎の原点はやはり鬼退治なんでしょう。これを忘れちゃあいけません。
鬼を懲らしめ、征伐する話は、勧善懲悪の世界共通の話であり、好ましいものでしょう。

がしかし、この民話で本質的に気になる問題点は、家来たちの顔ぶれと報酬ですよ。
鬼が島に行けば大怪我をし、命を奪われかねないほどの難しい仕事もしくは作業なのに、
イヌ、サル、キジのたった三匹の助勢で勝てるはずがないと、どうして思わないのでしょう。
黍団子なんてケチな報酬で彼らが満足するはずがないと、なぜ思わないのでしょう。

その点、このつちのこマンガは甚だしくよく考えられていますねええ、ええ、ええ。
イヌ、サル、キジの代わりに、武士、女狐女、小型ゴジラ等ですから、顔ぶれが大変に強力です。
そしてアンパンは黍団子より上級の食物です。そうでなくても私は個人的にかなり好きです。
しかもアンパンを目標に掲げるとは、鬼殺し流血の惨事は起こさないことを示唆しています。
結局じゃらされて終わりとは、じつに平和そのものの素晴らしいエンディングを意味しています。
ゆえに、必ずや良い子の皆さんに優しさと善良さと非暴力を教える教訓話になりそうです。

たとえ村おこしにはならなくても、人生の黍、いや、機微を教えるものでありましょう。
鬼を退治しないでも、鬼のような奴に対峙するにはどうしたらいいかも学べそうです。
そうでなくても、だめでもともとなんでしょう。人生とは、まあ、そんなもんです、はい。

ナポちゃん

久々にオールスターの登場ですな。
役割の交換ですか。
役割の交換で各々の気持ちが分かるようになり
自分をも高めるという心理療法がありました。
リーダーがツチノコ君で部下は不満たらたら
阿鼻叫喚の地獄絵と化してます。(笑)
だいたいツチノコ君はただアンパンのことしか考えてない
んだから。
ラスボスにいいように転がされてアンパンの獲得もならず
グループは瓦解してしまう。
ロシア侵攻時のナポちゃんを思い起こします。

桃太郎バーソ鬼退治様へ

 こんにちは。コメントありがとうございます。
 え゛ー、人は大まかに括りますと猿の仲間でありまして、猿の役を担うとすればやはりタロさでありましょう。そして狐はワンコの仲間であります。で、ゴ〇ラが何故に雉なんだって? そら鳥は恐竜の子孫。でもってゴジ〇は恐竜のなれの果て。うん、一番雉に近いのであります。え゛、無理がある? いずれにせよですよ、日本昔話史上最高のスター桃太郎と一応女神様と最強のモンスターが勢ぞろいとなれば普通は怖い者無し。ま、前者三人の力を合計10とすればつちのこは9,000overなんで比較以前なんですがねー。でも猫にはあっさりと敗れ去りますよ。これはグーが決してパーには勝てないのと同じ理屈であります。あしからず。
 え゛ー、桃太郎伝説最大の謎と言えるのが、どうしてお供は黍団子一つで買収されてしまったのか、と言う点であります。その危険度や成果に比べ余りにも安い契約料。成功報酬のオプションが在ったならば判らんでもないのですが、それには一切触れられておりません。鬼が汗水たらして蓄財した宝物は桃太郎の独り占めであります。そもそもですよ、周辺諸国から鬼が奪ってきたものを、本来の持ち主に返還することもなく我欲に任せて奪い取るとは、泥棒の上前を撥ねる、まさに鬼畜にも劣る所業であります。そんな桃太郎に人間的な魅力があったとは思えません。何故に猿犬雉は、黍団子一つの恩の為に命を賭けて戦ったのでありましょうか!?
 あ、謎は謎のままほっとけ? 面倒くさい? もっと不条理な事なんて山ほどある? 人生なんてそんなもん? はい、ごもっともです。
 

エリアンダー様へ

 こんにちは。コメントありがとうございます。
 ごんべさんはハンカチを振ってお見送り、猿役タロさに犬役の女神様、雉焼きのゴジ〇にラスボスのメイン君。久々に主要キャラを五人(?)も登場させてしまいました。豪華豪華(何処がや)
 世の中ミスキャストで溢れてます。異動の為の異動も多くて、本当に適材適所考えてんかいなってな配置転換に首を傾げる方も多いかと思います。能力主義と良いながら、「能力」で選ばれた筈のお偉方が不正や判断ミスをやらかして、不動の大企業と思っていた老舗が次々左前。新進気鋭のニューフェイスは後から後から詐欺まがいの夜逃げする始末。そして誰もわたくしの隠された能力に気付かない。何なんでしょうね。私に総ての実権を委ねてみたんさい。瞬く間に会社は倒産、国家は破綻、世界は滅亡であります。・・・ダメじゃん。
 ナポちゃん言うと、思い浮かぶのは亀屋万年堂のナポナ。え゛、ナボナだって? どーでもいいじゃん。細かい事はキニスンナ。これ持ってフランスへ売り込もう。きっと在庫の山だ!(だって不味いし・・・(マテ)) 

^^

我が家に口伝があります。
公言してはいけないことになっていますが。
口の固いmiss.keyさんですので。
恐らく大丈夫でしょう。

猿=去る 犬=居ぬ 雉=着地(きじ)
 ↑      ↑      ↑
走るのが速い。正体を隠す。帰還し報告する。  

このような意味を指していると思われます。
つまり忍者として活躍したのです。
桃太郎は上忍つまり百地三太夫のような存在でした。

さて桃太郎と言えば何故か岡山県。

岡山藩には信長の「伊賀攻め」で戦い。
生き延びた忍者が代々に渡って雇われておりました。
で。浅野内匠頭の起こした事件の際には。
近隣の事でもあるし。赤穂城に忍び込んだようです。
それらを詳細に記載した帳簿が今でも保存されています。

虚実合わせてご参考頂ければ幸いです。

で。鬼は?渡る世間に仰山おります罠^^;)/

waravino様へ

 こんにちは。コメントありがとうございます。
 私の口は貝より堅い。どーぞ安心して打ち明けてください。ただ、一枚貝なのでただ漏れ注意ですが・・・。
 我が家にもありますよ。
 猿=然る      犬=射ぬ        雉=生地
   ↑         ↑           ↑
 漠然とした     欲求、欲しがる       服
 つまり、ありきたりじゃないかっこええ服が欲しい~!! って事でしょうか。
 着道楽だったのかもしれません。・・・あ、やっぱり無理がある?

 わたくし、天正伊賀の乱は、時勢を見る目の無かった伊賀の支配層の場当たり的な抵抗という見方をしております。あの時点で単独抵抗したって勝てっこないのに何であんな事したかなぁ。援軍の無い篭城も各勢力がどんぐりの背比べの時代は有効でしたが、有力大名が台頭してきた頃になるとほぼ無理ゲー。余所者は嫌いだぐらいの気持ちでやったら、そら死ぬ目にあいますって。それが流れ流れて岡山に。はい、岡山と言えば日本屈指の大都会であります。ところがそこにゃ宇喜多直家ってとんでもねー狐か狸か狢かって奴がおりましてね、そりーゃぁもう、三度の飯より暗殺が好きってな梟雄です。凄い技を持ってはいるけど純朴な田舎者の伊賀忍者、口先八丁丸め込まれて良い様に使われてたのかもしれませんよ。

 何処までが本当で何処からが作り話なのか参考にしたら痛い目にあうかも知れません。、

 で鬼ですか?一家に一人山ノ神がいるでやんしょ。幸か不幸か私のアパートにはいませんがね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵※くださった米問屋越後屋芭蘇右衛門様へ

 こんにちは。わざわざご丁寧にありがとうございます。
 返答は  でございます。どーぞお好きに使ってくださいましまし。

鬼ではなく・・あれは何だ?

最後のあれは狼ですかね。
狐姫が犬?犬って言われて怒ってますね。
キジがゴジラ?なんかイメージ合わないような。

マンCは次節、マンチェスターダービーでマンUに勝てばプレミア史上最速の優勝決定!マンチェスターダービーで優勝はマンCファンにとって最高でしょうね。

想馬涼生様へ

 こんにちは。コメントありがとうございます。
 ラスボスはメインクーン種のメイン君です。超巨大家ネコで対つちのこでは最強です。
 雉はゴジラよりキングギドラの方が良かったかなぁ。まあ、鳥は恐竜の子孫と言う事で。

PS:ああ、サッカーも所詮は財力なんですかねぇ。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【つちのこ出汁のお風呂で妄想する】へ
  • 【つちのこ大雪で交通は麻痺、仕事は中断、スケジュールはめちゃくちゃ、駐車場は凸凹アイスバーン(題名と中身に一切関係はございません)】へ