藤花幻:つちのこ垣根の垣根の曲がり角焚火だ焚火だ落葉焚き♪

え゛

つちのこ垣根の垣根の曲がり角焚火だ焚火だ落葉焚き♪

 ←つちのこ秋の夜空の風物詩 →つちのこぼけっともんすたぁ
392つちのこ落葉焚き1
392つちのこ落葉焚き2
392つちのこ落葉焚き3
392つちのこ落葉焚き4
 集めた落ち葉くらいで芋が焼きあがるとか思わんでや

PS:ブログに放り込んだコメントが元ネタになっております。
scribo ergo sum 幸せな瞬間October.15 2017
勝手に貼り付けてしまいましたが、ええよね・・・。
関連記事
スポンサーサイト


総もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png え゛
もくじ  3kaku_s_L.png 好きな歌をば
もくじ  3kaku_s_L.png 下手な詩をば
もくじ  3kaku_s_L.png 好きな絵をば
総もくじ  3kaku_s_L.png 管理人の独り言
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【つちのこ秋の夜空の風物詩】へ
  • 【つちのこぼけっともんすたぁ】へ

~ Comment ~

NoTitle

いや、昔とは「木の数」と「落ち葉の量」が違うやろ(^^;)

NoTitle

そちらでは垣根の曲がり角付近で、北風ぴいぷう吹いているようですね。
横川サービスエリアだったかで「峠の釜めし」を買って帰ると、
あの邪魔な釜を有効利用して、ほくほくの焼き芋でも出来ないかと
常々思うのですが、ネットを検索しても作った人はいないようです。

つちのこ君の芋は紫芋ですね。たまに買いますが、甘さはあまり無し。
梨よりはありますが、色がきれいなので気分的においしく感じます。
これのケーキは食べたことがありますが、芋羊羹を食べてみたいものです。
ちなみに『スシロー』に行ったときは大抵、デザートに大学芋を食べます。

それにしても、秋の落ち葉焚きで焼き芋。いーもんですね~。
これは言わずにおこうと思いましたが、やはり言わないと収まりがつきません。

ポール・ブリッツ様へ

 こんにちは。コメントありがとうございます。
 以前なら兎も角、今は庭木も少なめ、垣根も控えめ。落葉の処理が面倒いからと木は片っ端から切られて、昔日の面影無し。秋の風物詩もすっかり童謡の中だけのお話しになってしまいました。が、確かに昔は木の葉一杯、焚火が一杯。サツマ芋はなるべく細い奴常備でありました。でも、それでもやっぱり焼けるまでには落葉では心もとなく、結局は小枝とか集めて焼きあがるまで火の番するのであります。小学校遅刻の常習犯にはそんな事情があったとですよ、先生!!

いーもんバーソだーもん様

 こんにちは。コメントありがとうございます。
 茨城県西部いうたら上州に吹き降ろす空っ風の執着点でしてなぁ、結構西風強おますんやわぁ。関東ローム層の痩せた台地ではさつま芋がそら仰山採れましてな、風呂沸かす時に煙穴に放り込んでおけばよーく焼けた焼き芋の完成ですわ。寒い夕べにおやつによう食べましたわ。
 紫芋は沖縄の産品でしたやろか。家の辺りで取れる芋は皮だけ紫の十三里ですわ。中は程よくクリーム色、ホクホクより少しねっとりしとる位のが美味しいおますえ。
 紫芋の芋羊羹、うちも作って見た事おますえ。砂糖控えめすぎて奄美が足らんかったのと、寒天がよう解けなかったせいで食感悪うなってしまいましたわぁ。やっぱり芋羊羹は普通ので作るのがよろゅおす。栗入れれば二十二里どすえ。その名前で芋栗羊羹売り出したら評判になるんと違いますか?(てけとー。
 

^^

そうそう。落ち葉で焼き芋。
よくある光景・・・って。実際見たことないねん^^;
ドンキで売っている遠赤外線の焼き芋。
100円です。焦げてもないし美味いです。

買ったことはありませんがねw^^)/

食えるところは30%

芋をまるごとくう?
そりゃむりだ
(丸ごと食うなら焼かずに蒸かせ)
おいらは七輪に芋をくべる豆炭と一緒に

忘れた頃に取り出す
なんと
カチカチ
ところが割ると中から希望が・・・
パンドラの箱か?

この芋は旨い
旨いは甘いが語源とか・・・あはは
おはようございます
貴ブログに感謝であります

当方アルツハイマーの酒乱にて
またのあうひまで
あはは。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

秋ですね~
落ち葉で焼き芋は、難しいですよね。

レンジチーンした後、アルミホイルに包んで焼めをつけるのは?

落ち葉を集める動機としては、効果的でしょうか( ◠‿◠ )

waravino様へ

 こんにちは。コメントありがとうございます。
 我が生家は北関東の大秘境某いばら県西部でも陸の孤島と言われる某S市でありまして、秋の落葉焚きは当たり前の風景であります。あんまり煙が上がり過ぎて火事かと思う位。いや、実際みんな日常なので騒ぎもしないんですがね。
 焼き芋も随分高くなりました。某スーパーで売っているのは目が飛び出る価格であります。原価考えたらボッタクリもいいところですよねぇ。まあ、流しの焼き芋やとなるともっとボッタクリですがね。でも最近余り聞かなくなりましたね。「いっしやーきいも~おいもっ」

千鳥足・ウナ様へ

 こんにちは。コメントありがとうございます。
 芋は丸ごと焼くのが一番ですな。直火で焼くと表面いい感じ中身ゴリゴリ・・・もとい、表面は炭の中身ちょこっと・・・駄目じゃん。そこでよくやるズルが一度蒸かした後オーブンで表面だけこんがりと焼く方法。中まで火が通っていて且つ焼き芋っぽい。お試しアレ。
 酒は辛口が一番。甘い酒しかないって?しゃーない。饅頭持って来い。チョコレートでもいいや。これで甘口の酒も辛口に。後でどーなっても知らんけどね。

鍵※下さった某夏が恋しい猫様へ

 こんにちは。コメントありがとうございます。
 冬は何時まで続かない。またすぐ春がきますさ。

Miyu様へ

 こんにちは。コメントありがとうございます。
 持て余した落ち葉の処分ついでに焼き芋焼いて、でも焼きあがらずに落ち葉を捜してほっつき歩く。本末転倒蟲ですなぁ。でもわたくしは常にそんな感じのアホガキだったでありますことよ。そりゃレンジでチンが一番手軽でいいですけどね、焚火から現れる半生の焼き芋のほうが・・・もとい、焼きすぎて半分炭になった焼き芋のほうが・・・・・・レンジでチンしよ。
 
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【つちのこ秋の夜空の風物詩】へ
  • 【つちのこぼけっともんすたぁ】へ