藤花幻:つちのこ秋の日はつるべ落とし

え゛

つちのこ秋の日はつるべ落とし

 ←つちのこギネス認定 →つちのこ秋の夜空の風物詩
391つちのこ秋の日は釣瓶落とし1
391つちのこ秋の日は釣瓶落とし2
391つちのこ秋の日は釣瓶落とし3
391つちのこ秋の日は釣瓶落とし4
 まあまあ、そう急ぎなさんな
関連記事
スポンサーサイト


総もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png え゛
もくじ  3kaku_s_L.png 好きな歌をば
もくじ  3kaku_s_L.png 下手な詩をば
もくじ  3kaku_s_L.png 好きな絵をば
総もくじ  3kaku_s_L.png 管理人の独り言
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【つちのこギネス認定】へ
  • 【つちのこ秋の夜空の風物詩】へ

~ Comment ~

眼は口ほどに物貰い

こんばんは
おはようございます
どちらが合うかは受け取るひとの勝手です
朝顔に釣瓶取られて貰い水、でしたっけ?

しかし巧いな~
ベネトンでありソフトに『霞色(すみれ)』も混ぜて
素直に鍛冶屋さんを想像してしまいました

槌の子って・・・
太陽の母君?
あはは。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

^^

うう。これでは夜が来ないではないか!
つまり「子供を作る時間」がなくなる。
ということは少子化が益々進んでしまふ。
問題作ではあるまいか!^^)/

NoTitle

 つちのこが夕暮れ時に西空の太陽を見ておりまして、それをタロさが見つけました。
「おい、つっちー、なに見てんだ?」
「あのね、タロさ兄ちゃん。あのお天道様を取っ捕まえようと思って」
「馬鹿だな。こんな所でじっとしていたって、太陽なんか取れるもんか。お天道様はうーんと遠い所にあるんだぞ」
「そうなの?」
「当たり前だ・・・投げ縄を投げろ、投げ縄を」
 なんてんで、つちのこがカーボーイのごとく投げ縄をクルクル回してサッと投げましたら、見ン事お天道様が捕まりましてな。
「ねえ、兄ちゃん、お天道様って、近くで見ても同じ大きさなんだね」
「そうだ、ふだん大きな顔をしてる奴に限って、実際はスケールが小さいということだな」
「ふーん、そうなんだ。お天道様を少しお仕置きしてやろ」
 というわけで、お天道様のほうは井戸に落ちまいと焦ったので、それ以来、夕暮れになると顔が真っ赤になり、その滴る汗は静かに眠る草木を潤す夜露となったそうですな。

蓑虫・ウナ様へ

 こんにちは。コメントありがとうございます。
 むかーしむかし、平清盛は沈む夕日を扇で仰いで持ち上げたそうな。つちのこは井戸に沈む太陽をロープで引っ張るであります。
 井戸の桶も手漕ぎポンプの取っ手も朝顔に占領されて、使わしてほしくば肥料持ってこいってな感じでしょうか。
 朝顔もそうですが、蔓の伸びるのは早いもので、久しく開けていなかった北向きの窓なんか、蔦に閉じられて開かなくなる事も。秋の蔦はとっても美しくて好きです。あの下から赤くなるグラテーションがなんとも良いですなぁ。

鍵コメくださった某絵入按守様へ

 こんにちは。コメントありがとうございます。
 大変な中わざわざお越しくださいましてご苦労さまでございます。
 物語は忘れた頃に次の回
 一年半もほったらかしにしてしまいまして、書いた本人も中身忘れている始末であります。反省。

waravino様へ

 こんにちは。コメントありがとうございます。
 某PTAの皆様方に今の少子化問題について見解を述べてもらいたいもんであります。教育上悪いて?馬鹿もーん。人類、有史以前からその教育上悪い事をして子孫をつないできたんだぞー(笑
 ま、別に夜じゃなくたって良いじゃまいか(笑

真っ赤バーソ真っ青様へ

 こんにちは。コメントありがとうございます。
 まずダメ出しをば。つちのこはタロさを兄ちゃんなどとは呼びません!!
「よーよーよーよー、にいちゃんよー、団子食わしてくれよ、ダンゴ」・・・言ってるか。
 しかもお仕置きしてるのではなく、沈もうとするのを無理やり引き止めているのであります。
「おらおらおらおら、井戸に落とされたくなけりゃ、もちっと照らしててくんねぇかなぁ。」・・・つちのこも悪よのぅ。
 と言う訳で、不条理すらもつちのこの前ではまかり通ってしまうであります。

 焦って赤くなる夕日と、汗が滴る夜露とは、さすが麦ー蕎様考えましたなぁ。座布団一枚!

NoTitle

まるで西部劇のようなつちのこ君のロープさばきに見入ってしまいましたが、
夕日の沈む哀愁とか情緒が吹き飛んでしまいましたね。
この時期の太陽にはしばしの休息が必要ですからしょうがないかもしれませんが。

パンドル太郎様へ

 こんにちは。コメントありがとうございます。
 前半の二枚と後半の二枚の雰囲気があまりに違いすぎました。反省(笑
 しかしそれにしてもこのところの太陽様のご休息振りには困ったもんです。ちっとも出て来やしない。雨ばかり続くと色々と不都合が多くて困ります。こらー、何時まで休んでるんだ、仕事しろ、仕事!!

いつの間に竹竿が出て来たんだよ。

ってつっこみたくなります。この赤いのは太陽ですかな?ツチノコの仲間のように思えるんですけど・・。

W杯全出場国揃う。欧州では思いもよらない事が・・。
http://myworld2013.blog.fc2.com/blog-entry-931.html

想馬涼生様へ

 こんにちは。コメントありがとうございます。
 なに、竹ざおはロープを支える為に急遽取り付けたのでありますよ。コマ数の関係ではしょりましたが(笑)。気にしたらマケですぜ。

PS:事実は小説より奇なり。どうせならポルトガルとスペインとフランスも落ちれば面白かったのに・・・と思うとんでもねーmiss.keyでした。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【つちのこギネス認定】へ
  • 【つちのこ秋の夜空の風物詩】へ