藤花幻:2018年05月

更新履歴


▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、
久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

【  2018年05月  】 

つちのこ盆栽を作るが、どーもあきま編

え゛

2018.05.28 (Mon)

  え゛ー、後日談の収穫編であります。ボツなんですけど、折角だから貼っときます。 こちらは失敗作の白画面編。完全に色の識別がついてしまうのでバレバレです。...全文を読む

PageTop▲

つちのこ盆栽を作る

え゛

2018.05.27 (Sun)

  え゛ー、前回の企画倒れ全開で思惑全壊のアイデアを再利用してみました。 閲覧の仕方は、まず画像をデスクトップ辺りに保存し、ペイントでもって開きます。そしたら数字の順に、桶から零れている色をスポイトで拾いまして直ぐ下の暗黒地帯にベタ塗りで落としていけば桶。 さあ、そこの暇しているあなた、面倒くさがらないで、騙されたと思ってやってみたんさい。騙されるから。  元はと言えばお蔵入りのイラストでございます...全文を読む

PageTop▲

つちのこプロデュース完全無欠の主観的歴史教室 9

甲斐武田は戦国最強か

2018.05.21 (Mon)

    9 武田家最強捏造作戦 さて、そんな破綻大名が何故戦国時代最強だなどと言われたのであろうか。結論から言えば、徳川家が天下を取ったからである。 織田家、北条家、上杉家に囲まれていた武田家にとって徳川家は比較的組みし易い相手である。それ故徳川家は常に武田家の脅威にさらされていた。織田家や北条家に比べれば貧弱だとは言え、戦国に名乗りを上げたばかりの徳川家にとって武田家はとてつもなく強大だった。三方...全文を読む

PageTop▲

つちのこプロデュース完全無欠の主観的歴史教室 8

甲斐武田は戦国最強か

2018.05.20 (Sun)

    8 粉飾決算の後始末 1582年、織田家は満を侍して武田討伐戦を開始した。美濃攻略、浅井朝倉討伐、畿内制圧、石山合戦、織田家が梃子摺ってきたこれらの制圧戦を考えれば、広大な武田領の制圧にもある程度の困難が伴うものと思うだろう。ところが実際蓋を開けてみたら何と、たった二ヶ月で片が付いてしまった。戦国最強を嘯いていた武田家臣団は、織田軍が攻めてきたと知るや瞬く間に瓦解。抵抗らしい抵抗もせずに消えてし...全文を読む

PageTop▲

つちのこプロデュース完全無欠の主観的歴史教室 7

甲斐武田は戦国最強か

2018.05.19 (Sat)

    7 調子に乗っていたら・・・ 1575年、武田家滅亡のきっかけを作ったとされる長篠(設楽ヶ原)の合戦、これは実はとんでもない山奥を舞台として行われた。 長篠城はやっと500人が籠もる小城でしかなかった、そこに武田家は1万3千もの大兵を投入している。大勢で小勢を脅す何時もの遣り方で、「もともと奥平(長篠城主)は武田を裏切り(徳川に)乗り換えた者だから惜しがらないだろう。」「こんな山奥の土地取られたところ...全文を読む

PageTop▲

つちのこ高級和牛暴走の成れの果て

え゛

2018.05.18 (Fri)

  30年前の健全な肉 10年前のやりすぎ霜降り 現在もはや赤身降り 此の儘だと数年後にはまんまヘット つちのこ跨ぎって、有る意味凄い事ですよ  食肉業界さん、もういい加減にしませんか?わたしゃ美味い肉が食いたいです...全文を読む

PageTop▲

つちのこプロデュース完全無欠の主観的歴史教室 6

甲斐武田は戦国最強か

2018.05.18 (Fri)

    6 信玄公、遅まきながら上洛の徒につく 嘘である。 身もふたも無い出だしだがこれも事実。1572年、晴信は上洛軍を起こした・・・とされるが、そんな事はありえない。 武田軍は天竜川を下り、三方ヶ原で徳川軍を破っているが、さて、此処から京に上ろうとすると直線距離でも180kmもある。その間には遠江、三河、尾張、美濃、近江があり、全てを討ち破り占領しながら進むなど現実的ではない。占領したばかりの領地を背後に...全文を読む

PageTop▲

つちのこプロデュース完全無欠の主観的歴史教室 5

甲斐武田は戦国最強か

2018.05.17 (Thu)

    5 いよいよ小豪族はいなくなってきた 武田家の最大所領は甲斐、信濃、上野、駿河の他にも、遠江、三河、美濃、飛騨、越中、越後に至った。実に南北240km、東西180kmにも及ぶ大版図で、同時期の勢力地図では戦国大名最大だった。にも関わらず最大石高120万石でしかなかった。どういう事か。 実は今川領攻略以降の武田家は山間の小領地を掠め取る事で勝ち星を延ばしていたのである。まあ、何ともしみったれた話で、豪快な武...全文を読む

PageTop▲

つちのこプロデュース完全無欠の主観的歴史教室 4

甲斐武田は戦国最強か

2018.05.16 (Wed)

    4 もはや仁義無き戦い 袋小路に陥った武田家は思い切った方針転換を図る。三河の徳川家と共謀して今川家を攻めたのである。前主義元が討たれて以来弱体の一途を辿っていた今川領は、「飢えた」武田家にしてみれば、最も狩り易い獲物でしかなかった。此処で晴信は「遠江の国を徳川が、駿河の国を武田家がそれぞれ切り取る」との密約を結んでいるが、腹の下では大半は盗れると高をくくっていただろう。当時の徳川家の勢力を...全文を読む

PageTop▲

つちのこプロデュース完全無欠の主観的歴史教室 3

甲斐武田は戦国最強か

2018.05.15 (Tue)

    3 袋小路よ新天地・・・ 1542年、武田家は信濃の国に進行する。諏訪口の先に広がる信濃の国は甲斐の国の約三倍とはるかに大きい国である。だが大小の違いこそあれど実情は甲斐の国の拡大版で、高山に囲まれた盆地を糸で繋ぐ様な地だったのである。それぞれに豪族や小大名が割拠していたが、それもつまり外敵の進入を容易には許さない地形であったから。守るに易く攻めるに難いのだ。事実、武田家は信濃支配には何度も躓い...全文を読む

PageTop▲

つちのこプロデュース完全無欠の主観的歴史教室 2

甲斐武田は戦国最強か

2018.05.14 (Mon)

    2 袋小路よ甲斐の地は・・・ 武田家の本拠地と言えば言わずもがなの甲斐の国。内陸の国で他国にぐるりと360度囲まれており、その防衛は大変と思いきや、実際は日本有数の険峻な山々に囲まれた天嶮の要害の地。点とも言える三ヶ所の守りを固めれば良いと言う非常に守りやすい地形をしている。その三ヶ所と言うのが南の駿河口、東の相模口、北西の諏訪口である。駿河口は富士川の深い渓谷に沿っての隘路が延々続いており、大...全文を読む

PageTop▲

つちのこプロデュース完全無欠の主観的歴史教室 1

甲斐武田は戦国最強か

2018.05.13 (Sun)

  え゛ー、いきなり何を言うってな掲示板から始まりましたる今回の記事。ずばり武田フリークに喧嘩売ります企画第一弾であります。今回、以前から折に付け主張しております「武田なんざ大した事ねーよ」を纏めた文章が出土しましたので、連載ものとして掲載する事にしました。NHKでも民放でもドキュメントでもドラマでも、とにかく「武田家が一番じゃなきゃ嫌だい嫌だい」言い張る風潮に、ちと待てぃ、小説のイメージ取っ払って理...全文を読む

PageTop▲

つちのこどろーん

え゛

2018.05.05 (Sat)

  真っ黒けっけのけっけっけっ  さて、この画像の謎を解いた方先着〇〇名様にmiss.keyお手製グッズををプレゼント!!するかもしんない。期待しないでご応募ください。やり方は簡単。鍵※で何が描かれているかを答えれば桶(どうやったら絵が見えるのかはナイショ)。ただ、それだけでもさみしーので普通のコメントも残してくだしゃんせー。尚、あて先、お名前、女性限定でスリーサイズ(マテ)を書き込むのは個人情報保護の観点からお...全文を読む

PageTop▲

つちのこ Tシャツを作る マジで

え゛

2018.05.04 (Fri)

  以前Tシャツ作るとか言いながら、永らくほったらかしだったこの企画。本日、遂に決行しました。 いやね、結構大変だったんですよ。 最初はスプレーでやっちまおうとしたら勢いが強過ぎて型枠ふっ飛ばしてあぼーん。 それなら粘着シートで型枠造ったれってんで壁紙の安いの買ってきて貼り付けたら、インクは滲むは、壁紙は融けるわでぐずぐず。 おのれ、しゃーないからスクリーントーンだ。と息巻いたら周辺の画材屋悉く潰れ...全文を読む

PageTop▲

前月     2018年05月       翌月

更新履歴カレンダー

04 ≪│2018/05│≫ 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月・日を選んでクリックすると
更新履歴が表示されます。