藤花幻:2016年09月

更新履歴


▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、
久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

【  2016年09月  】 

つちのこ四週間かけてやっと四コマ漫画になりましたとさ

え゛

2016.09.23 (Fri)

  酸っぱい葡萄の下で銭勘定するのは女の意地でありましょうか...全文を読む

PageTop▲

サルベージ つめたい別れ 15/03/09

好きな歌をば

2016.09.22 (Thu)

  つめたい別れ -中島みゆき- 歌詞は今直ぐ検索!!・・・って随分酷い記事だよななぁ(笑) 「今直ぐ検索」と言えばCMのアレ。知りたきゃ自分で勝手に調べろよって言ってる様なもんだもんなぁ。ネットが進んで便利になった反面、CMは手抜きばかり。人を馬鹿にした様な健康食品の通販が大手を振ってるし、CMの質の劣化は番組の劣化に輪をかけて酷いですな。脱線失礼。 男と女が惹かれ合うのは当然として、その心底の思い...全文を読む

PageTop▲

つちのこ 流石に夜は涼しくなったげな

え゛

2016.09.17 (Sat)

  逆に言うとまだ日中は猛暑...全文を読む

PageTop▲

サルベージ 風の篝火 14/10/13

好きな歌をば

2016.09.17 (Sat)

    風の篝火 ―さだまさし― 歌詞は検閲削除だす。例の如しでググッておくんなまし。 幼い頃からの仲なのであろう。二人でいるのが自然すぎて、それぞれが別の道を歩くなど想像もしなかったに違いない。少女が夢を追いかけ都会に出て行った後も、少年の心の中には当然に少女が居たし、少女の中にも居てしかるべしと思っていた。それは別れなどではなかった。ただ一時、互いの住む場所がほんの少し離れただけの事。少しずつ便り...全文を読む

PageTop▲

つちのこ昭和枯れすすき

え゛

2016.09.11 (Sun)

  (ネタの)貧しさに負けた~♪  管理人、今日も今日とてイラスト一枚でお茶濁し...全文を読む

PageTop▲

信長と料理人

歴史もの

2016.09.10 (Sat)

  織田信長に纏わる有名なエピソードを一つ。 信長が三好氏を京都周辺から駆逐した際、三好氏に仕えていた天下随一と呼ばれる料理人が捕らえられた。信長はその料理人に食事を作らせたが、それを食べて激怒した。「こんな水っぽくて不味い料理が食えるか。」 無論信長の事、即座に料理人の処刑を言いつけた(笑)。だが料理人は「次の料理も口に合わなければ、その時は処刑してくれてかまわない。」と懇願。そこで信長はもう一度...全文を読む

PageTop▲

サルベージ まほろば 14/10/12

好きな歌をば

2016.09.05 (Mon)

  スーパームーンに皆既月食と此の秋はやたらと満月に縁がある。そもそも月の青い光は冷たいものだが、哀愁を帯びた秋は輪を掛けて冷たい。   まほろば ―さだ まさし― 歌詞無いよ。例によって検索しとくれ(投げやり 男と女がいる。絆を結んでもう長いのだろう。夢を持ち追いかける男と、そんな男に惹かれた女。二人で来た馬酔木(あせび)の茂る山道で道を失い彷徨い戸惑う。 時は経った。青春と言うには時が経ち過ぎた。男...全文を読む

PageTop▲

つちのこ兎に角早く秋になれ

え゛

2016.09.04 (Sun)

  何時まで暑いんだ、夏のバカやろー! 気力、体力、時の運、ネタ無し、金無し、時も無し。物語は断絶したまま。拙い、絶対に拙い。...全文を読む

PageTop▲

サルベージ 肩に降る雨 14/1/17

好きな歌をば

2016.09.01 (Thu)

 『肩に降る雨』   中島みゆき 毎度歌詞が無い~♪でも良い歌詞なんですよ。是非検索などして読んでみて下さい どん底。  そんな言葉以外にありえない。  側にいるのが当たり前で、その人無しの毎日など考えられない程に愛した人。何の疑いも持たずに信じていた人から放たれた一言は限りなく冷たい別れの言葉だった。  薬屋からの帰り、ポケットには睡眠薬。人気の無い雨の陸橋に傘も差さずに立ち尽くせば、国道を流れる車の...全文を読む

PageTop▲

前月     2016年09月       翌月

更新履歴カレンダー

08 ≪│2016/09│≫ 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月・日を選んでクリックすると
更新履歴が表示されます。